スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

八千穂の篠屋旅館

 野鳥、草花、星の観察が趣味で全国を旅し、終の棲家を八千穂高原別荘地に決めて四国から移り住んで35年余。90歳の義兄が亡くなったので10ヶ月ぶりに八千穂を訪れました。
これまでの訪問時には別荘に泊めてもらっていましたが今回は八千穂駅に近い篠屋旅館にお世話になりました。7年前にリニューアルしたそうでロビーは立派でした。特にトチの木の1枚板のテーブルは見事です。

 
篠屋旅館の2階からの八ヶ岳と玄関

 
トチの木のテーブルと囲炉裏のあるロビー

 
古民具の展示 (小物はガラスケースに収納) と客室

posted by: 今城 基 | - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦市三戸浜 黒崎ビーチでダイビング

 この夏、3度目のファンダイビングを三浦市三戸浜の黒崎ビーチで10月9日に行いました

相模湾の美しい魚たちをご紹介します

真夏の海に比べ透視度も上がり、魚種も豊富になっているような気がします

最大深度 8.2m、水温 20℃、気温 22℃、風は微風、波は穏やかで海は明るかった

ビーチバム ダイビング サービスの笠井さん、三上さん、成瀬さんにお世話になりました
この場でお礼申し上げます



ミノカサゴ


チョウチョウウオ


ツノダシ


チャガラ


ヒョウモンダコ

詳細は私の「あかり・Lighting」に掲載しました。こちらからご覧下さい

posted by: 今城 基 | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

よこすか さかな祭り 2011 のレポート

 よこすかさかな祭りが10月2日(日)の午前7時から12時まで横須賀魚市場で開催されました。
今年で10回目だそうで京急堀ノ内駅と会場を結ぶ無料送迎シャトルバスが初めて運行されました。
 
新鮮な魚介類の朝市コーナー、魚の目方当てクイズ、魚のさばき方教室、マグロの解体ショー、珍しい魚の競り売り、子供たちにはさかなに触れることのできるタッチングプール、ドジョウすくい、さかなのらくがきコーナーなども設けられ楽しい半日が過ごせました。



午前7時前に集まった人たち、シャトルバスは6時30分から12時30分まで運行されました


このカジキマグロと吉田横須賀市長と合わせた目方当てクイズ


目方当てクイズの正解(260Kg?)に近い人に吉田市長から賞品のマグロが手渡されました


サメの幼魚、カレー・ヒラメ、エイなどに触れるタッチングプール。隣ではドジョウすくい


マグロの解体ショー。 このマグロは目方当てクイズの商品として使われました


全国から集められた珍しい魚介類。隣では神奈川県で獲れる魚の展示がされていました


全国の珍しい魚が約100箱に分けられ11時から競り売りされました


ミニマグロ丼、東北震災支援の焼きサンマ、地魚のあら汁などが用意されました
:

posted by: 今城 基 | - | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦市三戸浜 黒崎ビーチでダイビング

 この夏2回目のダイビングを黒崎ビーチで行いました
案内はビーチバムダイビングサービス代表の笠井さん
快晴で海の中は明るく写真の出来栄えもいつもより良いように感じました。いくつかご紹介します

詳しくは「あかり・Lighting」のこちらに掲載しています



ソラスズメダイの群れとキンギョハナダイ


カサゴ


イシダイ

posted by: 今城 基 | - | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

横須賀市一斉津波避難訓練

 横須賀市では9月11日(日)の午前10時に相模湾で地震が発生、6mの高さの津波が来るので10分以内に付近の高台に避難する訓練をしました。

私の住む町内では9月26日(日)に近隣町内との防災訓練がすでに決まっており今回の津波避難訓練は自主参加となりました。

10時に防災無線放送で訓練津波避難の呼びかけがあり予め決めていたシャローム浦上台下の横横高速道路側まで避難しましたが避難時間が12分かかりました。
そこで午後5時から標高は低いが近くの別の場所に避難する訓練をしました。今度は9分でした。

この様子をご紹介します。 今回市から配布された訓練用標高マップとほぼ同じものが市のホームページにも掲載されています。

 
最初に避難したシャローム浦上台の下の横横高速道路側 避難時間 12分 標高18.2m

 
2回目の避難場所 馬堀町4-1 避難時間 9分 標高12.8m


横須賀市から配布された訓練用標高マップに避難ルートを追記
(図中のDが最初の避難場所 標高18.2m、 Fが2回目の避難場所 標高12.8m)

詳細報告は9月末に「あかり・Lighting」のシーサイドニュースに掲載予定

posted by: 今城 基 | - | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三浦市三戸浜黒崎ビーチでダイビング

  • 8月14日 (日) 快晴、海は明るく穏やか
    ビーチバム ダイビング サービスの代表の笠井さんの案内で4人で潜る・・・2本
    いずれも潜水時間は約40分、最大深度7.2m、水温23℃、透視度10〜12m


    黒崎ビーチ この日は大潮 (2本目の終わった12:16撮影)


    ソラスズメダイとモンツキハギ(幼魚)


    キュウセンとネンブツダイ


    マツバスズメダイ


    ハナアナゴ、触っているのは笠井さん


    オハグロベラ()


    ウツボ (頭部拡大)


    2本目終了後の今城 (笠井さん撮影)

    詳細はあかり・Lightingのシーサイドニュース9月号に掲載しています

posted by: 今城 基 | - | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2011 よこすか開国祭 開国花火大会

 恒例の花火大会ですが今年は規模を縮小しての開催でした
2011年8月6日 (土) 19時15分〜45分、打上花火数 4,000発
私はうみかぜ公園に1時間前に到着し打ち上げを待ちました


打ち上げ1時間前でこの状況です


薄暗くなるにつれて近くの漁港から漁船が集まってきました


沖に浮かべた台船からの打ち上げです


親が子供をつれてきたような花火です


大玉が消えるころ中玉が開くよう時間差をつけています

あかり・Lighting では動画もご覧になれます

posted by: 今城 基 | - | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

台風6号による東京湾岸の波浪

 台風6号は7月21日朝、八丈島付近にあり、関東地方から遠のいていますが東京湾はその影響で大荒れで、高い波が馬堀海岸の岸壁に打ち寄せています。'(朝の撮影 9時30分頃)

天候は時間の経過により回復し夕日が美しく見えるほどに回復しましたが、海のうねりは朝とほとんど同じ状態でまだ荒れていました。'(夕方の撮影 18時30分頃)


馬堀海岸3丁目から大津漁港方面を臨む 右手にカモメが3羽


猿島が見えなくなるほどの高波がある周期で打ち寄せている

   夕日に輝く走水小学校

   遠くは横須賀市街、馬堀海岸3丁目に打ち寄せる高波

posted by: 今城 基 | - | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「国際交流における市民の役割」講演と討論

 フランスのブルターニュ地方出身者と日本人の集まり、ブルトン・デュ・ジャポン協会主催、横須賀市 横須賀国際交流協会共催の「国際交流における市民の役割」講演と討論が7月16日(土) 14時から神奈川県立保健福祉大学の講堂で開催されました。

幕末から明治初期に日本はフランスから国づくりの支援を受けました。横須賀では横須賀製鉄所、観音埼灯台、走水水源地など、フランス人技師ヴェルニーの指導によるもので毎年ヴェルニー・小栗祭が行われています。彼はブルターニュ地方のブレスト市の出身で2010年が姉妹都市締結40周年でした。

今回はブレスト市のレザ・サラミ(Reza Salami) 副市長から横須賀市との姉妹都市としての活動、東日本大震災後の支援活動、東京での被災者支援のコンサートの予定などについてお話しがありました。 続いて討論会があり16時に終わりました。



吉田横須賀市長の歓迎の挨拶の後、レザ・サラミブレスト市副市長に感謝状の贈呈


第2次世界大戦後敵国ドイツのキール市と姉妹都市関係を結んだところから講演がスタート


毛受(めんじゅ)敏浩氏、松本義弘氏による討論会 司会は清水紀久子氏


昨年4月ブレスト市を訪問した女声合唱団 「コールよこすか」(山田茂雄団長) 赤とんぼを披露

 
東北復興支援チャリティのために来日しているNolwenn Korbellさん(左) お返しに1曲披露
開会の挨拶 ブルトン・デュ・ジャポン協会 清水紀久子会長(右)

Links

「国際交流における市民の役割」講演と討論

ノルウェン・コルベル 東北復興支援チャリティ・コンサート

ブルトンデュジャポン協会 Bretons du Japon

posted by: 今城 基 | - | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コゲラのひなの来訪


7月6日の昼間、ベランダでギィー、しばらくしてまたギィーと耳慣れない音がする
何だろうと網戸越しに外を見ると小鳥がいる

スズメくらいの大きさで全体に綺麗なウグイス色をしている
羽にはアズキ大の白い斑点がある。これまで見たことのない野鳥だ

カメラを用意してそおっと音を立てないよう網戸を開ける
人を恐れる様子もない。くちばしからやっと飛べるようになったひなの様だ

都合4枚の写真を撮った。インターネットで調べるとキツツキの仲間のコゲラと分かった


2階のベランダに飛来したコゲラのひな 距離約3m


コゲラまでの距離約1m 人をあまり恐れない

ススメ、ヒヨドリ、メジロは庭によく飛来するがコゲラは30年で初めて
表の通りではカラス、電柱の上にトンビ,海岸まで出ればカモメ、ウミウが見られる

posted by: 今城 基 | - | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |